がんばれRUCK

更新履歴 5.6 第4回ユニアオカップ 結果

3年ぶり2度目の優勝
チイチャンで日本一福井丸岡RUCK
成長はアルコイリスさんのおかげ
公式戦で初めてアルコさんに勝つことができました。
7年半、負けても負けても挑戦し続けられたのは
皆様方の応援のおかけです。ありがとうございました。
NEWRUCK You Tube 

DREAM
夢があるから強くなる



福井丸岡RUC3000人プロジェクト

丸岡RUCK Twitter

丸岡RUCK FaceBook

丸岡RUCKガールズ

福井丸岡RUCK 公式HP

日本女子フットサルリーグ公式サイト


  
福井放送株式会社                   福井銀行Facebook

  
代表取締役菅原正行Face Book              春江病院公式Facebook

        
    LUZ e SOMBRA                  松川レピヤン      サポート観光




2010活動結果


EXILE CUP
VERMONT CUP


福井県サッカーリーグ


福井県フットサルリーグ



レディース月間予定
5.16現在

ガールズ月間予定
5.16現在
ガールズ試合結果

2018活動記録


2017活動結果


2016活動結果


2015活動結果

2014活動結果


振媛カップ
第8回2014

古城カップ
第22回2010

全国女子U-15
フットサル大会

第2回2013

日本女子Fリーグ
2018第2回大会
2017第1回大会
2016プレ大会



思い出のアルバム


北信越女子
フットサルリーグ

2018第3回大会


J- FUTSAL
丸岡から世界へ


JFA

ガラクタ魂


Number776
RUCKガールズ
成長物語



全日本
女子ユース(U-15)
フットサル大会

第6回
第4回

第3回
第2回
第1回・プレ大会


東海女子
フットサルリーグ

2015
2014
2013
2012


北信越プレフットサルリーグ

全日本
女子ユース(U-15)
サッカー大会

第21回
第20回
第18回

全日本
女子フットサル大会
第15回
第14回
第13回~第11回
第10回~第9回


LINK

Mail


全国草サッカー大会

キヤノンカップ

全国なでしこカップ


地域チャンリーグ
第6回
施設連盟選手権
第7回
トリムカップ

第10回


活動の記録
2013活動結果
2012活動結果
2011活動結果
2009

2008

2007
2006


日本サッカー協会

北信越フットサル連盟


福井県サッカー協会

坂井市サッカー協会





第4回北信越女子フットサルリーグ 2019
Hokushinetsu FUTSAL Official Web Page

20分-7分-20分 プレーイングタイム
  RUCK 白山 アロガ 長岡 ラオフ 塩尻 Rサテ オウン 松本 勝点 得失 順位
福井丸岡RUCK 福井 12.8 11.17 11.10 10.20 9.8 9.1 8.25 5.19
ヴィンセドール白山 石川
アロガール2005 新潟
長岡ジョイアス 新潟
ラオフェン 富山
アンテロープ塩尻 長野
RUCKサテライト 福井 9.1 8.25 10.27 5.19 9.15 11.10 6.30 10.20
オウンゴール 富山
アロッサ松本 長野                      

■開幕戦■
5月19日(日) 富山県氷見市ふれあいポーツセンター

5月19日 富山県
氷見市ふれあいセンター 
10:30 ラオフェン - 塩尻
12:20 アロッサ - 丸岡RUCK
14:30 長岡 - RUCKサテライト
16:20 オウンコール - アロガール  






第4回 UNIAO Ladies CUP
5月5日(日)~6日(月) 愛知県一宮市総合体育館

頑張れデフフットサル女子日本代表
11月にスイスのワールドカップで世界一を目指します
UNIAOレディースの皆さん、大会関係者の皆様、
2019シーズンもよろしくお願いします。


府中 磐田 バンブ CRF 勝点 得失点 順位
府中プリメイラ 〇3-0 〇1-0 〇6-0 9 10 1
デリッツア磐田 ●0-3 △2-2 ●1-3 1 -5 4
バンブ ●0-1 △2-2 〇2-0 4 1 2
CRF ●0-6 〇3-1 ●0-2 3 -6 3
浦安 ギヤング SWH フェルサ 勝点 得失点 順位
浦安ラスバニータス △1-1 ●0-3 〇6-0 4 3 2
ギャング △1-1 ●0-2 〇2-0 4 0 3
SWH 〇3-0 〇2-0 〇10-0 9 15 1
フェルサ ●0-6 ●0-2 ●0-10 0 -16 4
RUCK ユニアオ デフ日本 タバジー 勝点 得失点 順位
福井丸岡RUCK 〇6-1 〇11-1 〇5-1 9 19 1
ユニアオファルコ ●1-6 〇9-1 〇5-2 6 6 2
デフ日本代表 ●1-11 ●1-9 〇4-2 3 -16 3
タバジータ ●1-5 ●2-5 ●2-4 0 -9 4
サイコロ レオグラ 愛媛 福岡 勝点 得失点 順位
サイコロ 〇4-2 〇5-4 〇5-2 9 6 1
レオグラスタ ●2-4 〇3-1 ●0-3 3 -3 3
カレビッチ愛媛 ●4-5 ●1-3 △1-1 1 -3 4
コラッサ福岡 ●2-5 〇3-0 △1-1 4 0 2


予選リーグ ②B11:10 福井丸岡RUCK 5(4-0・1-1)1 タバジータ(東京) 高尾 前田 北川 純奈
失点 山川
⑤B15:10 福井丸岡RUCK 11(7-0・4-1)1 デフ女子日本代表 山川 山川 前田 北嶋
北嶋 純奈 前田 池内
前田 北川 失点 横山
⑦A17:50 福井丸岡RUCK 6(4-0・2-1)1 ユニアオ(愛知) 高尾 凜花 高尾 横山
北嶋 北嶋 失点
準決勝 ①A09:30 SWH(兵庫) 3-0 府中(東京)
②B09:30 福井丸岡RUCK 4(2-2・2-2)4
2PK3
サイコロ(埼玉) 山川 失点 北川 失点
山川 失点 高尾 失点
決勝戦 ⑤A14:30 SWH 3-0 サイコロ
3位戦 ⑤B14:30 福井丸岡RUCK 4(3-0・1-2)2 府中プリメイラ 北川 山川 山川
失点 失点 山川






第8回日本フットサル施設連盟選手権大会
2019レディースクラス

4月20日(土) 名古屋オーシャンアリーナ

10:40開会式・お土産抽選会
RUCK POR CRF Fuer 勝点 順位
福井丸岡RUCK 東海1 〇2-0 〇5-0 〇2-0 9 1
PORCO 関東2 ●0-2 〇2-1 〇4-0 6 2
CRF 中四国1 ●0-5 ●1-2 ●1-2 0 4
Fuerza 九州2 ●0-2 ●0-4 〇2-1 3 3
A  大阪 静岡 仙台 Sao 勝点 順位
プログレッソ大阪 関西1 〇1-0 〇2-1 〇2-0 9 1
golrira静岡 東海2 ●0-1 △1-1 ●1-2 1 3
MESSE SENDAI 東北1 ●1-2 △1-1 ●0-1 1 3
Sao 中四国2 ●0-2 〇2-1 〇1-0 6 2
B  府中 チェリ ReaL ナカス 勝点 順位
府中プリメイラ 関東1 〇2-0 〇2-0 〇4-0 9 1
チェリブロ 関西2 ●0-2 〇4-0 〇1-0 6 2
ReaL0☆69 九州1 ●0-2 ●0-4 ●1-3 0 4
ナカスポ 東北2 ●0-4 ●0-1 〇3-1 3 3


予選リーグ ①11:10 福井丸岡RUCK 2(2-0・0-0)0 Fuerza 北川①前田①
④12:40 福井丸岡RUCK 5(0-0・5-0)0 CRF 北嶋①北川①池内②荒井①
⑦14:10 福井丸岡RUCK 2(2-0・0-0)0 PORCO 池内①北嶋①
準決勝 ⑩16:00 福井丸岡RUCK 2(1-1・1-0)1 プログレッソ大阪 北川①失点(尾崎)山川①
⑩16:00 府中プリメイラ 1(0-0・1-0)0 PORCO
決勝戦 ⑪16:50 福井丸岡RUCK 1(0-0・1-1)1
4PK5
府中プリメイラ 北川①失点(千田)





第8回日本フットサル施設連盟選手権東海大会
2019レディースクラス

3月24日(日) 愛知フットサルクラブ

海大会優勝は福井丸岡RUCK

長いオフでしっかり充電でき、久しぶりのフットサルを楽しめました。
4月20日はオーシャンアリーナで全国大会、応援よろしくお願いします。


ユニアオ 小娘 フロB ゴリラ 勝点 順位
ユニアオ 〇7-0 〇3-0 △3-3 7 2
蹴球小娘 ●0-7 〇3-0 ●0-6 3 3
フロンティアB ●0-3 ●0-3 ●0-9 0 4
ゴリラ静岡 △3-3 〇6-0 〇9-0 7 1
Junge ラッコ ラオA 名古屋 勝点 順位
Junge Blatter ●1-2 ●1-4 ●1-3 0 4
福井丸岡ラッコ 〇2-1 △1-1 ●0-2 4 3
ラオフェンA 〇4-1 △1-1 ●2-4 4 2
名古屋オーシャン 〇3-1 〇2-0 〇4-2 9 1
ラオB フロA DFUT 楽笑舎 勝点 順位
ラオフェンB 〇2-0 ●0-3 ●1-3 3 3
フロンティアA ●0-2 ●0-3 ●1-2 0 4
D-FUT WINGS 〇3-0 〇3-0 〇3-2 9 1
楽笑舎 〇3-1 〇2-1 ●2-3 6 2
大府 オサル Bepp RUCK 勝点 順位
大府グリーン ●1-5 ●0-3 ●0-4 0 4
オサル 〇5-1 ●2-6 ●0-6 3 3
Bepp 〇3-0 〇6-2 ●0-8 6 2
丸岡RUCK 〇4-0 〇6-0 〇8-0 9 1


予選リーグ 丸岡RUCK 8(5-0・3-0)0 Bepp 池内②高尾②荒井①前田①横山①北嶋①
丸岡RUCK 6(3-0・3-0)0 オサル 池内③坪田②北川①
丸岡RUCK 4(2-0・2-0)0 大府グリーン 前田②北嶋①浅野①
丸岡ラッコ 2-1 Junge Blatter
丸岡ラッコ 0-2 名古屋オーシャン
丸岡ラッコ 1-1 ラオフェンA
準決勝 丸岡RUCK 2(1-0・1-1)1 D-FUT WINGS 高尾①北川①
ゴリラ静岡 4-1 名古屋オーシャン
決勝戦 丸岡RUCK 2(1-0・1-0)0 ゴリラ静岡 高尾①北川①






 第6回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ
supported by GAViC

期日…3月1日(金)~3日(日) 場所…福島県郡山市郡山総合体育館


最高のライバルは最高の先生
大きな壁のてっぺんにちょっとだけ手が届きました
第6回FUTSAL地域女子チャンピオンズリーグ
優勝…丸岡RUCK 準優勝…VEEX 
3位…アルコイリス・SWH


日本フットサル連盟大会HP

RUCK ユニアオ メッセ ミネルバ 勝点 得失 順位
福井丸岡RUCK 福井・北信越 〇7-0 〇11-0 〇3-0 9 21 1
ユニアオ 愛知・東海 ●0-7 〇5-0 ●4-5 3 -3 3
メッセ仙台 宮城・東北1 ●0-11 ●0-5 △2-2 1 -16 4
ミネルバ 山口・中国 ●0-3 〇5-4 △2-2 4 -2 2
VEEX アルコ ASTRO Meu 勝点 得失 順位
VEEX東京 東京・関東2 ●2-4 〇5-1 〇5-1 6 6 2
アルコイリス 兵庫・関西1 ○4-2 〇5-2 〇7-1 9 11 1
ASTRO 鹿児島・九州 ●1-5 ●2-5 〇6-2 3 -3 3
Meu Shoji 宮城・東北2 ●1-5 ●1-7 ●2-6 0 -14 4
フウガ カレビッチ エスポ SWH 勝点 得失 順位
フウガドール 東京・関東1 〇3-1 〇6-1 ●0-4 6 3 2
カレビッチ 愛媛・四国 ●1-3 〇3-1 ●1-4 3 -3 3
エスポラーダ 北海道 ●1-6 ●1-3 ●1-7 0 -13 4
SWH 兵庫・関西2 〇4-0 〇4-1 〇7-1 9 13 1


1日(金) 15:20 予選 福井丸岡RUCK
42
3(3-0・0-0)0 ミネルバ
14
00:47…北川←荒井右コーナー
03:29…山川←池内←凜花
17:22…高尾←横山←高尾
2日(土) ②11:20 予選 福井丸岡RUCK
67
11(8-0・3-0)0 メツセ仙台
10
00:06…山川奪ってS
01:25…山川こぼれ球S←池内S
02:44…横山←荒井前プレ
03:02…北川ターンS←横山
07:06…荒井←高尾←藤江
09:51…荒井←高尾←横山
10:47…高尾奪ってミドルS
14:56…北嶋前プレS
23:37…荒井こぼれ球戸→高尾S
28:15…高尾こぼれ球S←北川S
30:08…北川←高尾←坪田←純奈
③16:50 予選 福井丸岡RUCK
66
7(2-0・5-0)0 ユニアオ
28
14:05…前田カットしてS←山川
15:05…前田←山川
20:22…横山奪ってドリブルS
22:53…山川←前田←池内
28:02…横山←北嶋←横山
28:33…北川PP返し←高尾
38:09…北嶋PP返し
3日(日) ④10:00 準決勝 福井丸岡RUCK
45
5(0-1・5-1)2 アルコイリス
59
17:22…7平井←若林←江口←平井
21:34…高尾←荒井右キックイン
24:19…池内←高尾←北川←高尾←北川←横山カット
25:21…横山←高尾←横山カット
27:45…加藤←平井右コーナー
38:16…前田←山川←前田←凜花←池内左キックイン
39:45…高尾←北川←浅野スロー
⑤10:00 準決勝 VEEX東京
24
3(2-0・1-1)1 SWH
42
8須佐見
11多々良
14青山
11宮田
⑥13:30 決勝 福井丸岡RUCK
29
7(4-0・3-1)1 VEEX東京
17
00:32…前田←池内左コーナー
04:41…山川ターンしてドリブルS←凜花
16:06…荒井こぼれS←北川カットしてS
17:26…池内←高尾←山川←高尾カット
20:41…池内PP返し
27:55…北川PP返し
35:31…高尾カットイン左S←横山
37:11…失点(11宮崎 PP)







第2回日本女子フットサルリーグ2018


日本女子フットサルリーグ公式サイト

12月2日 体育館が真っ赤に染まった
日本女子フットサルリーグ最終節
「福井丸岡RUCK vs エスポラーダ北海道」
史上最高2801人の赤の軍団
福井県営体育館で「赤の伝説」が生まれました。
会場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
「また来るでのぉー」と笑顔で手を振ってくださり感無量です。
これからも福井丸岡RUCKをよろしくお願いします。


  丸岡RUCK 北海道 流経大 アルコ サイコロ 浦安 府中 ユニアオ 勝点 得失 順位
福井丸岡RUCK 〇8-1 〇9-2 △3-3 〇6-2 ●2-4 ●1-2 〇5-3 13 17 4
エスポラーダ北海道 ●1-8 ●2-4 ●3-6 ●1-5 ●2-3 ●1-8 〇3-2 3 -23 7
流通経済大学 ●2-9 ○4-2 ●1-7 ●5-7 〇3-2 ●3-9 △2-2 7 -18 6
arco-iris神戸 △3-3 〇6-3 〇7-1 〇7-2 〇7-2 〇7-1 〇12-1 19 35 1
SAICOLO ●2-6 〇5-1 〇7-5 ●2-7 〇4-3 ○3-2 〇8-4 15 3 3
浦安ラスボニータス 〇4-2 〇3-2 ●2-3 ●2-7 ●3-4 ●0-3 △5-5 7 -7 5
府中プリメイラ 〇2-1 〇8-1 〇9-3 ●1-7 ●2-3 〇3-0 〇7-0 15 17 2
UNIAO ●3-5 ●2-3 △2-2 ●1-12 ●4-8 △5-5 ●0-7 2 -24 8

GAME DATA


第1節
東京都
立川立飛アリーナ
6月2日(土) 11:00
225
さいたまサイコロ
46
5(3-1・2-0)1 エスポラーダ北海道
15
9安②6木原①7秋田谷①14初見①
10佐野川①
13:15
255
arco-iris神戸
46
7(3-1・4-0)1 流通経済大学
36
10江口⑤17藤田①18加藤①
4小泉①
 6月3日(日) 11:00
155
福井丸岡RUCK
57
5(1-0・4-3)3 UNIAO
28
12:07…高尾
21:14…(5小林)
23:44…前田S←山川S
24:48…OWN前田S
27:00…高尾
27:48…(10中野)
32:00…(6松浦)
38:37…池内←山川←高尾
6月24日(日) 11:15
299
府中プリメイラ
25
3(2-0・1-0)0 浦安ラスボニータス
14
12鎰谷②14藤田①
第2節
北海道
函館アリーナ 
6月30日(土) 12:00
112
UNIAO
25
2(1-2・1-0)2 流通経済大学
17
7加藤①4小林①
5佐賀①7金塚①
14:15
168
arco-iris神戸
42
7(2-2・5-0)2 さいたまサイコロ
10
17藤田①9関灘②10江口③2西尾①
7秋田谷②
7月1日(日) 10:00
175
福井丸岡RUCK
30
1(0-0・1-2)2 府中プリメイラ
16
22:51…(8桜庭)←右コーナー
26:43…凜花←池内左コーナー
33:23…(12鎰谷)フォア詰め←右こぼれ
12:15
367
エスポラーダ北海道
14
2(0-2・2-1)3 浦安ラスボニータス
29
15伊藤②10多田①
17太田①10佐野川①
第3節
埼玉県
サイデンアリーナ 
7月21日(土) 11:00
120
エスポラーダ北海道
18
2(1-3・1-1)4 流通経済大学
38
11藤根①7金塚①9嶋貫①14島津①
10佐野川①15千葉①
13:00
257
福井丸岡RUCK
36
2(2-2・0-2)4 浦安ラスボニータス
17
3:10…(8濱野)←多田
8:21…(15伊藤)ターンS
15:32…荒井←北川←横山←荒井右キックイン
15:41…山川←高尾←池内カット
20:28…(10多田)←伊藤
39:09…(15伊藤)こぼれ球S
15:00
415
さいたまサイコロ
33
3(1-1・2-1)2 府中プリメイラ
15
7秋田谷①14初見①16筏井①
22縄田②
17:00
187
arco-iris神戸
48
12(4-1・8-1)2 UNIAO
20
20齋藤②2西尾①10江口②7平井②
18加藤①8山田①17藤田①9関灘①
19若林①
8森本②
第4節
愛知県
一宮市総合
9月9日(日) 11:00
313
arco-iris神戸
41
6(4-1・2-2)3 エスポラーダ北海道
10
17藤田②7平井①9関灘①10江口①加藤①
10佐野川②17太田①
13:00
1095
流通経済大学
21
3(3-1・0-1)2 浦安ラスボニータス
30
24仲村①13小川①20矢野①
8濱野①15伊藤①
15:00
1209
UNIAO
12
0(0-2・0-5)7 府中プリメイラ
25 
17島崎①39船附②9千田①22縄田①
4門井①18河島①
17:00
267
福井丸岡RUCK
19
6(1-0・5-2)2 さいたまサイコロ
15
17.05…北川カットしてドリブルS
22.25…失点(9安)←
24.06…横山←山川←横山インターセプト
28.28…北川浮かして2人抜きドリブルS
31.30…高尾←北川ピヴォ←高尾左キックイン
35.41…失点(11吉川)ターンボレーS←初見
36.10…北嶋スラS←山川
39.53…前田こぼれS←山川チャレンジPP返し
第5節
兵庫県
グリーンアリーナ
9月16日(日) 11:00
227
エスポラーダ北海道
21
3(1-1・2-1)2 UNIAO
19
7北林①10佐野川②
5小林①3石垣①
13:00
2327
arco-iris神戸
35
3(2-2・1-1)3 福井丸岡RUCK
14
03:14…江口左S←若林右サイド←加藤中央奪う
03:46…横山左から右足ニア上S←山川
←横山左キックイン
08:20…平井中央ミドルS←江口左コーナー
09:36…池内右奥奪って30mカットインドリブルS
28:13…江口回り込んでS←平井右コーナー
37:45…高尾こぼれS←池内右からフォアポスト
←高尾中央ドリブル←凜花左奥カット
15:00
458
浦安ラスボニータス
32
3(2-2・1-2)4 さいたまサイコロ
21 
9江川①15伊藤①11石井①
7秋田谷①11吉川①OWN①16筏井①
17:00
227
府中プリメイラ
32
9(4-0・5-3)3 流通経済大学
16
8桜庭①9千田③14藤田③17島崎①12鎰谷①
11藤根②22矢野①
第6節
東京都
府中市立総合
11月17日(土) 11:00
282
浦安ラスボニータス
29
2(2-6・0-1)7 arco-iris神戸
43
7平井②10江口③19若林①18加藤①
15伊藤②
13:00
392
福井丸岡RUCK
39
9(5-2・4-0)2 流通経済大学
27
03:53…北川←市原←高尾左キックイン
06:33…失点(7金塚)
09:30…失点(11藤根)
10:35…山川ドリブルS
16:17…山川ターンしてドリブルS
16:32…高尾←北川
18:36…北川←鵜飼
21:26…高尾奪ってドリブルS
26:53…荒井←山川奪ってドリブル
34:22…北川ターンS←鵜飼
39:36…横山←高尾←山川←北川
15:00
660
府中プリメイラ
35 
8(3-0・5-1)1 エスポラーダ北海道
22 
17島崎②22縄田①4門井③8桜庭①39船附①
17太田①
17:00
217
さいたまサイコロ
42
8(2-4・6-0)4 UNIAO
19
2小島③16筏井②7秋田谷②11吉川①
8森本②10中野①3石垣①
第7節
福井県
福井県営体育館
12月1日(土) 13:00
604
UNIAO
31
5(2-1・3-4)5 浦安ラスボニータス
64
9今井①5小林③6松浦①
3森谷②9江川②10多田①
15:00
494
流通経済大学
29
 5(3-4・2-3)7 さいたまサイコロ
36 
16筏井③9安①6木原①11由川①OWN①
11藤根③10広瀬②
12月2日(日) 11:00
1182
府中プリメイラ
23
1(0-3・1-4)7 arco-iris神戸
48
19若林③10江口③7平井①
8桜庭①
13:00
2801
福井丸岡RUCK
55

8(2-0・6-1)1 エスポラーダ北海道
10
03:04…前田
12:48…山川
20:06…池内
24:50…池内
26:08…北川
26:24…高尾
27:05…山川
34:13…失点(5石戸谷)
34:49…北川


第7戦 エスポラーダ北海道 2018.12.2(日) 福井県営体育館


「フットサルの楽しさをたくさんの方に見ていただき、フットサルの価値を高めたい」と始めた3000人プロジェクトは、
日本女子フットサル史上最多の2801人を集め、13:15にキックオフされた。
福井丸岡RUCKの選手達は、真っ赤に染まった体育館の中で、感謝の気持ちを伝えようと最後まで笑顔で懸命にプレーした。

先発は、大学生セット。ゴレイラは今シーズン初先発の浅野。
春江病院の先生方のおかげで、約束どおり、12月2日に見事な復活を遂げた。

前半3:04、2nd高校生セットの右コーナーキック。池内は、ボールを後ろのフィクソ凜花に落とす。
凜花は左サイドの前田に、前田は右足でコントロールして中に入り、右足を振り抜く。
ボールは低い弾道でゴールの左隅に決まる。待望の先制点が入り、大きな歓声がこだました。

その後、RUCKの攻撃をエスポラーダは、日本代表ゴレイラ山本の好守で何度も防ぐ。
しかし、12:48。北嶋は右キックインを凜花に落として、中に回り込む。
凜花は中央に移動した北嶋にパス、北嶋はダイレクトで山川にピヴォ当て。
山川は、反時計回りにターンしてシュート。出てきた山本の足元を抜けて、ボールは左隅に吸い込まれていく。
前半を2-0で折り返す。

後半20:06、観客の皆さんが応援ボードを掲げた瞬間、歓喜のシーンが訪れた。
山川がキックオフのボールを池内に、池内は左の前田に。前田は、中央の山川にピヴォ当て。
山川は相手を背負いながら右の池内に。池内は左足で中に入り、キーパーの股を通す絶妙なシュート。
電光石火6秒でのキックオフシュート。会場のボルテージは一気に上がり、2000枚の応援ボードが大きく揺れた。

24:50、鵜飼から中央後ろの凜花へ。凜花は左の池内へ。
池内は左前の山川へ、山川は中央の前田にパスをつなぐ。前田は、ここでドリブルを開始する。
北海道の選手が集まってきたところで、逆サイドにラストパス。池内が飛び込んで4-0となる。

26:08、今度は大学生セットが魅せる。北嶋の右のコーナー、横山が相手のブロッカーを前に入る。
そのタイミングで北嶋はシューターの位置に入った北川にボールを落とす。
北川が右足を振り抜くと、ボールは逆サイドのネットに突き刺さった。これで5-0。
北川は応援席に行き、仲間を鼓舞する。

26:24、浅野のゴールスローが中央の北川に通る。北川は相手を背負いながら左に流れてターン、
北川は中央に入ってきた高尾に丁寧にラストパス。高尾は左のインサイドで無人のゴールに流し込む。
これで6-0。北川と高尾のダブルエースが得点し、会場は最高の雰囲気となる。

27:05、攻撃の手を緩めないRUCK。前田の左キックインを中央後ろの凜花へ。
凜花は前田にリターン。前田は中央の山川にピヴォ当て。山川は、相手を背負いながら右に流れてターンシュート。
ボールは左サイドネットに突き刺さる。2分間で4得点。これで7-0。

34:13、北海道も意地を見せる。高校生セットのパスミスをno9がカットしてシュート。
鵜飼が弾いたところをno5石戸谷が渾身の力でシュート。1点を返す。

しかし、RUCKはタイムアウトとり、選手を落ちつかせる。RUCKを応援する赤い軍団の声援が体育館に響き渡る。
34:49、高尾の左キックインを中央の北川が受けて、右に流れてターンシュート。
ボールはキーパーの肩口を射抜く強烈なシュートが左隅に決まる。これで8-1。
解説の原田副会長も絶賛のゴラッソ。

赤い伝説の日の試合は、両チームのファール数1。フェアプレー精神あふれるものであった。
プレーオフに進出するのは、アルコイリス神戸、府中プリメイラ、さいたまサイコロの3チーム。
この試合はアベマTVで生放送される。女子フットサルに注目が集まりつつある。今が、飛躍の時であるのは、間違いない。

このプロジェクトに協力してくださった全ての方々に、深く感謝したい。
みんなが笑顔になれた赤い伝説の日を、我々は決して忘れない



12月2日は「赤の伝説の日」福井の優しさ全国に発信!
これがアミザージ活動の成果 3000人の仲間づくり大成功
 

第6戦 流経大メニーナ 2018.11.17(土) 府中市立総合体育館


RUCKの先発は、高校生セットの凜花、池内、北嶋、山川。
前半3:53、高尾の左キックインを市原がゴール前の北川に見事なパス。それを北川は落ち着いてインサイドで流し込み先制した。
しかし、6:33、一瞬の隙を突かれて、大学生セットがよもやの失点。警戒していた金塚選手に1-1の同点にされた。
さらに、9:30、クリアのボールが藤根選手にあたり、そのまま持ち込まれてシュートで逆転。

いやーなムードを一変した鵜飼。ボールを捕ってからのフィードに迷いがない。
リズムがでてきた10:35、山川がゴール前に持ち込んで倒れながらのシュート。2-2の同点。
そして、16:17、山川がターンしてドリブル、右サイドの角度のないところからシュートが決まって3-2と逆転に成功。
さらに、16:32、北川から高尾にパスが通り、高尾が流し込み4-2。この連続得点が大きかった。

前半最後は、18:36、鵜飼の裏へのスローから北川が決めた。5-2、大満足の前半でした。

後半、21:26、高尾が奪ってドリブルシュート、6-2。
26:53、今度は山川が奪ってゴールの前の荒井にラストパス。荒井は得意の左足でゴールを決めた。

そして、34:22、またしても鵜飼のスローが左奥の北川に入り、ターンシュート。
見事なプレーに場内のボルテージが上がりました。これで北川はハットトリック達成。

39:36、フィクソの北川からピヴォの山川へ。山川は左サイドの高尾につないで、高尾が右のフォアに走り込んだ横山に高速パス、
横山はドンピシャのフォア詰で9-2となり試合終了です。

これで最終節までプレーオフ進出の望みがつながった。



ヒロインは鵜飼 ゴレイラが攻撃の起点

山川、2得点2アシストと大活躍

第5戦 アルコイリス神戸 2018.9.16(日) 兵庫県グリーンアリーナ神戸


福井丸岡RUCKとアルコイリス神戸の公式戦10回目の対戦は、
日本女子フットサル史上最高となる2327人の大観衆の中でキックオフされた。

試合前のミーティングで、この試合のテーマが「我慢」であること、粘り強く前を向いて球際強く守備をし最後まで走り抜くこと、
自分たちが楽しむことで観に来てくださった皆様にフットサルの楽しさを発信することを話し合った。
そして、みんなで決めたとおり、ディフェンスラインをハーフラインと決め、2枚替えでスタートすることを確認した。

前半3:14、ゴレイラのクリアランスがピヴォの山川へ、山川は激しくチャージに来た平井を背負いながら右サイドの北川に、
そのボールを江口がカット、こぼれたボールを山川が拾う。
しかし、その山川のボールを、加藤が体をぶつけながら奪った。加藤はそのまま中央をドリブルし、3vs1の場面を作りだす。
右サイドを走る若林にボールが渡り、若林はダイレクトで左レーンの江口に。
江口は中に入ってきて右足のインサイドでシュート。
攻守の攻防あふれる素晴らしいプレーであった。審判の基準がこれではっきりとわかった。
失点はしたものの、高木主審と山崎副審は国際基準のジャッジをしてくれると確信できた。

今度は、山川が若林のボールを奪って中央から左サイドを走る横山にスルーパス、ゴレイラ竹田が前に出て足でセーブ。
前半3:45、横山の左キックインがゴール前の山川に、山川の折り返しが若林の股を通って、左から上がってきた横山に。
横山の強力な右足のバズーカ砲が、ニアハイに突き刺さった。
失点から30秒、じいちゃんが観に来た試合では絶対決める横山夢花、すぐ泣くけど、頼もしい選手。

その後、セットに戻そうとしたが、高尾が高校生と組んでチームをまとめ、チャンスも演出していたので、変則なセットになった。
「ここはまずいぞ」と思った前半8:20、江口の左コーナーキック、若林がタイミングをずらして壁になるはずの北川をブロック。
ボールは後ろの平井に、荒井の寄せが若干遅れた。平井は左足で逆サイドにクロスのミドルシュート。
ゴラッソ。しかし、これは、監督の采配ミス。普段やらないメンバーでプレイさせてしまった。

またもや1点ビハインド。ここで、高校生セット。前半9:36、ボールを奪いにいったフィクソの凜花がセンターサークルで倒れた。
すかさずアルコは、藤田がドリブルし3vs1の形に。右サイドの関灘にパスを通し、左のレーンには斉藤が。
1失点目と同じ嫌な陣形。しかし、関灘に体を寄せ、パスをカットしながら、こぼれ球をターンしてドリブルしたのが池内天紀。
ここからが凄かった。右サイドを駆け上がり、残っていた西尾がカバーに来るや否や、中にカットイン。
戻ってきた関灘と西尾に挟まれながらも、出てきたゴレアラの股下を通す左足のシュート。
2327人の観衆の大きなため息、しかし、それは、大きな拍手にかわった。
今日は、アルコのホームゲーム。MCの「ゴール」の雄叫びや音響が無い分、RUCK応援団の歓喜の声が響き渡った。
これで2-2、振り出しです。

その後は、予定通り、大学生セットと高校生セットが短い時間で交替し、強度の高いプレーを見せた。
高校生セットでは、前田がしっかり戻って前を向いて守備をした。
ボールを奪ってから前にドリブル、体勢を崩したアルコの選手はそのドリブルに悪戦苦闘した。
ボールキープ率はアルコ。しかし、時折見せるRUCKのカウンターは勢いがあり、会場が大きく湧いた。前半は2-2で終了。

ハーフタイム、しっかり我慢ができていること。体で負けなくなっていること。ドリブルが効いていること。
キーパーがよく防いでいること。よかった点だけ話した。
もう一度、我慢をし、残り5分間で勝負。最後に走り勝つのは、我々、丸岡RUCKだと。
昨日は、内田テクニカルアドバイザーも、浅川コーチも、重矢トレーナーも、みんないてくれたので、心強かった。

後半も、大歓声の中、気持ちよくプレーできました。
アルコは、平井・加藤・若林、江口のセットと、関灘・斎藤・西尾・藤田のセット替えであった。
試合の入りは、加藤・江口・関灘・藤田だっただけに、後半、どう出てくるか心配でもあった。
RUCKは、一番声が出ている市原と、体で負けない山川を2枚替えにし、前半と同じ入り方をした。

後半28:13、試合は動く。平井の右コーナーキック。
江口は、壁になった山川の背後から回り込んで、Yの前二枚の間からシュート。ニアハイに強力なシュートが決まった。
3-2、元気のある高校生セットだが、府中戦と同じセットプレーでの失点。
大歓声の中、指示の声は通りにくいと思うが、ゴレイラを中心に、みんなで伝え合うことが大事。

残り時間が2:30を切ったところで、セットを崩して勝負に出た。
後半37:45、池内の右キックインを後ろの凜花に、凜花は浮かしてピヴォの北川に、うまくピヴォ当ては成功したが、
北川は、平井と加藤に挟まれて、ボールをカットされる。加藤は、右前に走り込んだ若林にバス。
凜花は若林がコントロールした瞬間、ボールをカットして高尾にパス、そして、高尾を追い越して左の前に上がった。
高尾は中央にドリブル、右レーンを駆け上がってきた池内にパス。池内は、ダイレクトで逆サイドの凜花に。
決まると思った瞬間、ポストにボールが当たって、ボールが中央の高尾の前に。高尾は、思いっきりシュート。
会場のボルテージは上がる。三度追いついた。これぞ、ガラクタ魂

残り2:15、どちらのチームも最後まで諦めなかった。場内大興奮の時間が続く。
ベンチで観ていても、かなり面白かった。若林のオーバーヘッドもあった。

試合は、そのままタイムアップ。10回目の挑戦も勝てなかった。2327人の前で、素晴らしい試合ができて大満足。
試合を作るのは、両チームの選手とスタッフ、審判団。今日はポールパーソンさんも良かった。試合が途切れなかった。
審判さんの基準も明確。倒れただけでは、笛はならなかった。全てが揃った素晴らしい環境であった。



日本女子フットサル史上最高の2327人  
フォトコンテストに多数のご参加ありがとうございました


第4戦 さいたまサイコロ 2018.9.9(日) 愛知県一宮市総合体育館

耐えに耐え抜いたスコアレスドローの前半17:05、相手シュートをゴレイラ山本がセーブし、
そのボールがゴール前の北川にこぼれました。北川は、そこから30mのドリブルシュート。待望の先制点が生まれました。

後半22:25、サイコロさんの反撃です。5坂本さんが11吉川さんにピヴォ当て、吉川さんはピサーダで9安さんに。
安さんが左足を振り抜くと、ボールは逆サイドのサイドネットに突き刺さりました。1-1同点です。

ゲームが動き出しました。後半24:06、横山夢花が左サイドで相手のパスをインターセプト。
そして、中央の山川へ、山川はキーパーを引きつけて、フォアに走り込んだ横山に。横山は無人のゴールにシュート、2-1。
取られてもすぐ取り返します。全米オープンで大坂選手がブレイクバックしたあの場面が思い出されます。

さらに、後半28:28、スーパープレイが飛び出しました。
北川は中央でボールをカットすると、ふわりとボールを浮かして相手を抜き去り、
さらにカバーに来た選手を左に出てかわし、2人に挟まれながらも、強烈な左足シュート。
会場のボルテージが一気に上がりました。3-1、RUCKがリードを広げます。

後半31:30、今度は、もう1人のエース高尾がやってくれました。
左のキックインを北川にピヴォ当て、北川はピサーダで中央の高尾に。高尾の渾身の左足シュート。
ボールはゴールの天井に、2本連続のスーパーゴールです。これで4-1。

しかし、サイコロさんも黙っていません。後半35:41、フィクソの位置にいた14初見さんが11吉川さんにピヴォ当て。
吉川さんは、ボールを浮かして、倒れこみながらボレーシュート。観ている人には、たまらないプレーです。4-2、ハラハラです。

ここで、RUCKを救ったのは、成長著しい高校生セットです。
後半36:10、中央の山川から左サイドの北嶋へ。北嶋はキーパーともつれながらスライディングシュート、日本リーグ初得点です。
残り4分で5-1。昨年の日本リーグは、サイコロさんに、5-1を同点にされました。

残り1:26でサイコロさんがタイムアウト、いよいよパワープレーが始まります。
ピッチに立ったのは、藤江、凜花、池内、前田、山川。初めて高校生だけで、サイコロさんのパワープレーに挑みます。
ベンチは勝手なもので、「前から行け」、「陣形を整えろ」いろんな指示が乱れ飛びます。

それでも、高校生達は落ち着いていました。バタバタせずに、斜めにボールを入れられないように、しっかり中を切ります。
そして、後半39:53、自陣の左サイドで山川がボールを持った選手に果敢にチャレンジ、前田の前にボールがこぼれます。
そのボールを前田が左足で33mのロングシュート。ボールはゴールに吸い込まれていきました。



大切な人に自分達の成長を観てもらおう
福井丸岡RUCK
フォトコンテスト優秀作品

「やったね 夢りん」
「はよしねまー」


第3戦 バルドラール浦安 2018.7.21(土) 埼玉サイデン化学アリーナ


第3節の浦安さんとの試合に敗れた福井丸岡RUCKは、総合順位6位となり、
上位3チームに与えられるプレーオフ争いから後退しました。

浦安戦の先発メンバーは、高尾、北嶋、池内、夢花。2ndセットは、北川、山川、前田、凜花。
しっかりと引いて守る浦安さん相手に、臆せず前に、いい感じでした。

前半3:10、ふた回り目の2ndセット、1本のカウンター攻撃で8番の濱野さんに決められ失点。
その後、いつもの高校生セット、大学生セットでチャンスを作るも得点できず。
前半8:22、15番の伊藤さんに、ゴール中央右でターンされてシュート、
フォアに決められ2点差と突き放されてしまいました。

追撃は、前半15:32。荒井の右キックインをフィクソの横山に。
横山は北川にピヴォ当て、北川がターンしてフォアへ。
そのボールを、右からダイアゴナルで逆サイドのフォアまで走った荒井がシュート。1-2の1点差。
9秒後の前半15:41、今度は、右サイドで相手ボールをインターセプトした池内が、左の高尾へ。
高尾は縦に抜けて左足でシュート。ゴール前の山川のかかとに当たって、ゴール。2-2の同点となりました。

その後も、攻めに攻めましたが、シュートがバーやポストに当たって、追加点を奪うことはできませんでしたが、
2点差を同点に追いつき、笑顔いっぱいのハーフタイムとなりました。

後半20:28、またしても、右サイドを突破され中に、10番多田さんに決められ2-3。またもやリードを奪われます。
我々は、この3週間「得点にこだわる」ということをテーマに、引いた相手から得点を奪う練習を積み重ねてきました。
シュートを打った後も、フォアにボールを送った後も、もう一度動き直して、得点に絡む。
みんなよく走り、チャンスを作っていました。

後半39:09、浦安さんの右コーナーキック。
ゴール前に蹴り込んだキックをゴレイラが奪ってカウンターのはずが、チャンスすぎて思わずファンブル。
それのこぼれ球を15番の伊藤さんが駄目押しの4点目。2-4、痛すぎる失点でした。

キックオフから試合終了まで、常にぶれることなく、自分たちの戦術をやり通した浦安さんに、
軍配が上がりました。浦安さん、強かったです。



はじめての連敗!ここが踏ん張りどころ


第2戦 府中プリメイラ 2018.7.1(日) 北海道函館アリーナ

RUCKは、サッカースキルの高い府中さんとの対戦に備え、
1vs1で負けないこと、とられたら取り返す、前に向かうオリンエタードを中心に練習してきました。
ピヴォ当てを封じられた時の、ピヴォアラチェンジやライン間を使った攻撃も効果的でした。
そして、得意のピヴォ攻撃も、前プレもしっかりできていました。
ゴレイラが投げてきた時のイプシロンの守りも、問題はなかったようでした。
しかし、決定的な場面に得点が出来ず前半は0-0でした。

後半22:51、府中さんの右コーナーキックで、no8の桜庭さんがネットを揺らしました。
0-1、まあ、想定内です。そして、26:43、今度はRUCKの左コーナーキック。
山川と前田がブロックに入り、池内が凜花に落としてシュート。
相手にあたってコースが変わりゴール、同点です。
これで、一気に流れは来るなと思ったら、攻めども攻めども逆転ゴールは奪えず。
33:23、再び府中の右コーナーキック。
今度は、山川がカットしたボールが相手の前に溢れ、それをフォアに入れられて、
no12の鎰谷さんに詰められて1-2にされてしまいました。これは、想定外。

最後には、パワープレーをしない代わりに悩んだ末に考えた(試合中にですが)
北川、山川の縦関係のダブルピヴォ攻撃。
高尾のシュートは、1分間に2度バーを叩き、試合終了。

公式戦、アルコさんには昨年4回負けていますが、その他のチームとなると、
2016の札幌での全日本選手権のアレグリカミーニョさん以来の敗戦となります。
我々には、まだやることがたくさんあるようです。



敗戦!課題はセットプレーの守備

第1戦 ユニアオレディース 2018.6.3(日) 東京都立川立飛アリーナ

 
愛知県は、フットサルのワールドカップ誘致に手を挙げていて、
ユニアオさんは県と一緒になってフットサルの普及と強化に努めているチームです。
新メンバーの5番小林さんは、各年代ごとの日本代表に名を連ねたレフティー。
10番の中野さんは、元アルコイリス神戸で数々のタイトルを獲り、日本代表に選出されたことのある選手。
9番今井さんは、なでしこリーグの経験者。その強者たちを、8番レジェンド森本さんがまとめます。
ユニアオさんは、昨年度のメンバーと半数以上を入れ替え、チームとして十分優勝を狙える戦力が整っていました。

丸岡RUCKの先発メンバーは、鵜飼、横山、池内、高尾、北川。
対するユニアオは、辻本、石垣、小林、森本、今井。試合は予定通り、11:00にキックオフされました。

RUCKは、試合開始直後の6分間、山川と凜花が高尾と池内に替わり、高尾と池内が北川と横山に替わる
2枚替えを選択しました。ゲームが落ち着いてからは、セット替え。
その後は、高校生セットと大学生セットを素早く入れ替えてプレーの強度を強め、主導権を握りました。

12:07、ゴレイラのボールに前プレをかけていた荒井が反応し、そのこぼれ球を高尾が拾いドリブルシュート。
待望の先制点が決まりました。お互いにプレスをかけあう強度の強い試合は、丸岡RUCKが1-0のままリードして折り返しました。

後半開始。ビッチ内は蒸し暑く、RUCKは細かく選手を交替し、押し気味に試合を展開しました。
21:14、ゴール前で横山がファール。ユニアオ5番小林さんの直接フリーキック。
壁を3枚並べましたが、左足から放たれた強烈なシュートはフォアの上に突き刺さりました。1-1同点。

息を吹き返そうとするユニアオを、セット替えして入った高校生セットが突き放します。
23:44、山川のシュートをユニアオDFがブロック、そのこぼれ球を、前田が左のインサイドで狙いすましてシュート。2-1。
そして、続けざまの24:48、池内が、中央でインターセプト、それが前田につながり左サイドから矢のようなシュート。
ボールはユニアオ森本さんのスライディングにあたりゴール。
シュートはしっかり枠に行っていたので、前田のゴールでもよかったのですが、公式記録ではオウンゴールとなりました。3-1。

その後もRUCKの勢いは止まりません。27:00、左サイドの高尾が縦に入った北川にピヴォ当て。
ピサーダで中に、高尾は中央からドリブル突破して、ゴレイラと1vs1、出てきたゴレイラの股の間を通す技ありのトゥシュート。4-1。

しかし、27:48、寄せが遅れたところをユニアオ中野が浮き玉のピヴォ当てからドリブルシュート。4-2。
ここで、ゴレイラを鵜飼から山本に交替。山本は日本リーグのデビュー戦でした。
実力派のゴレイラの登場で少しゲームが落ち着きました。山本は、しっかりキャッチして素早いスロー。
その後もRUCKは攻撃の手を緩めず、山川のターンシュートは何度もゴールをかすめました。

32:00、突き放そうと前がかりになった時間帯。
自陣右コーナー付近でダブルチームでボールを奪おうとしたところ、ボールがこぼれ、ユニアオの松浦さんに左足で決められました。
4-3、残り時間は8分、これで試合の行方は、わからなくなりました。

攻めるRUCK、耐えてカウンターを狙うユニアオ。北川のターンシュート、高尾のドリブル突破。
後半も、一進一退の攻防が続く、1点差の好試合となりました。
山本のファインセーブもあり、観客のボルテージも上がりまくってました。

このまま試合終了かと思われた38:37、凜花と高尾がボールを奪い、高尾が中央にドリブル。
そして、右サイドの山川に。山川は、逆サイドのフォア詰めに入った池内に丁寧にパス。
池内はだめ押しの5点目を決めました。5-3。

残り、1:30、RUCKは、ユニアオさんのパワープレーにもひるむことなく、プレスをかけ続けました。
危ない場面もなく、そのまま試合終了。福井丸岡RUCKは、大事な初戦を白星で飾りました。
シュート数は、RUCKが57本、ユニアオさんが28本でした。



日本リーグ2018シーズンは「群雄割拠の予感」





■丸岡RUCK動画・記事■
チカッペ輝け福井のアスリート達
Dream Kana Kitagawa  かがやき基金 RUCK紹介
全日本女子フットサル選手権大会準優勝報道

2013RUCK「自分を超えろ」by FUJISHIRO
「一番大切なモノ 2012 We are RUCK」
「RUCKの力は無限大 わたしたちはできる」
高橋優 「♪福笑い♪」
ROOTS 本田好伸
藤代圭一 ポルトガルで学んだみっつのこと