がんばれRUCK

更新履歴 9.8 北信越女子フットサルリーグ氷見大会 結果

3年ぶり2度目の優勝
チイチャンで日本一福井丸岡RUCK
成長はアルコイリスさんのおかげ
公式戦で初めてアルコさんに勝つことができました。
7年半、負けても負けても挑戦し続けられたのは
皆様方の応援のおかけです。ありがとうございました。
NEWRUCK You Tube 

DREAM
夢があるから強くなる



福井丸岡RUC3000人プロジェクト

丸岡RUCK Twitter

丸岡RUCK FaceBook

丸岡RUCKガールズ

福井丸岡RUCK 公式HP

日本女子フットサルリーグ公式サイト


  
福井放送株式会社                   福井銀行Facebook

  
代表取締役菅原正行Face Book              春江病院公式Facebook

        
    LUZ e SOMBRA                  松川レピヤン      サポート観光




2010活動結果


EXILE CUP
VERMONT CUP


福井県サッカーリーグ


福井県フットサルリーグ



レディース月間予定
9.14現在

ガールズ月間予定
9.14現在
ガールズ試合結果

2019活動記録


2018活動記録
2017活動結果
2016活動結果

2015活動結果
2014活動結果


振媛カップ
第8回2014

古城カップ
第22回2010

全国女子U-15
フットサル大会

第2回2013

日本女子Fリーグ
2018第2回大会
2017第1回大会
2016プレ大会



思い出のアルバム


北信越女子
フットサルリーグ

2019第4回大会


J- FUTSAL
丸岡から世界へ


JFA

ガラクタ魂


Number776
RUCKガールズ
成長物語



全日本
女子ユース(U-15)
フットサル大会

第6回
第4回

第3回
第2回
第1回・プレ大会


東海女子
フットサルリーグ

2015
2014
2013
2012


北信越プレフットサルリーグ

全日本
女子ユース(U-15)
サッカー大会

第21回
第20回
第18回

全日本
女子フットサル大会
第15回
第14回
第13回~第11回
第10回~第9回


LINK

Mail


全国草サッカー大会

キヤノンカップ

全国なでしこカップ


地域チャンリーグ
第6回
施設連盟選手権
第7回
トリムカップ

第10回


活動の記録
2013活動結果
2012活動結果
2011活動結果
2009

2008

2007
2006


日本サッカー協会

北信越フットサル連盟


福井県サッカー協会

坂井市サッカー協会




第3回日本女子フットサルリーグ2019


日本女子フットサルリーグ公式サイト

残り49秒の奇跡 ドラマチック・フットサル
日本女子フットサルリーグ第2節
「福井丸岡RUCK vs 府中FCプリメイラ」
来場者1376人がフットサルを堪能
たくさんの応援のおかげてホーム福井で勝利できました。
会場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
これからも福井丸岡RUCKをよろしくお願いします。


  丸岡RUCK サイコロ 流経大 浦安 アルコ ユニアオ 府中 北海道 勝点 得失 順位
福井丸岡RUCK 〇8-2 〇4-3 〇6-1 9 12 1
SAICOLO ●2-7 ●0-6 〇4-2 3 -9 7
流通経済大学 〇7-2 ●0-3 ●1-4 3 -1 5
浦安ラスボニータス 〇6-0 〇5-2 ●1-2 6 8 2
arco-iris神戸 〇3-0 ●2-5 〇4-1 6 3 3
UNIAO ●2-8 ●1-4 ●3-4 0 -10 8
府中プリメイラ ●3-4 〇4-1 〇2-1 6 3 3
エスポラーダ北海道 ●1-6 ●2-4 〇4-3 3 -6 6

GAME DATA


第1節
茨城県
流経大
龍ヶ崎キャンパス
6月8日(土) 11:00
291
府中
15
2(1-0・1-1)1 浦安
44
9千田
22伊藤佳
13:15
343
RUCK
60
6(3-1・3-0)1 北海道
26

04:02 失点8阿部押し込む←右コーナー
08:47 荒井フォア詰め←高尾左突破
17:03 北川スライディングS←高尾左から右足
19:00 山川こぼれ拾ってドリブルS
26:56 北川右サイドターンS←荒井
29:38 山川左サイド右足S←池内中央
39:15 高尾カットインS←横山

15:30
291
アルコ
54
4(2-1・2-0)1 ユニアオ
24
2門井19若林4市原21高畠
17五藤さ
17:15
269
流経大
41
7(5-1・2-1)2 サイコロ
44
13小川9嶋貫19宮本
20飯干②8富田②
3松本13小林
第2節
福井県
県営体育館 
6月29日(土) 13:00
199
北海道
32
4(3-0・1-3)3 ユニアオ
36
10佐野川5石戸谷7北林17太田
11五藤沙12脇田9今井
15:15
273
アルコ
44
3(2-0・1-0)0 流経大
37
19若林②12青山葵
6月30日(日) 13:00
1376
RUCK
28
4(2-1・2-2)3 府中
30
04:15 池内インターセプトからドリブルS
06:47 船附こぼれ球S←17←27
11:38 山川←前田カットして(山川前プレ)
23:15 純奈←高尾キーパースローカット
30:16 船附ターンS←17←27
37:38 船附←藤田←22←39左キックイン PP
39:11 高尾←北川←荒井←浅野
15:15
365
浦安
31
6(1-0・5-0)0 サイコロ
15
16中井②18平井15伊藤果
8宮原9濱野
第3節
北海道
きたえーる 

7月27日(土) 11:00
121
RUCK
40
8(2-0・6-2)2 ユニアオ
13
05:18 高尾←北川前プレ奪って...
07:17 前田右からカットインしてS
23:04 前田←池内カットしてドリブル
24:00 山川奪って右サイド突破から右足S
27:42 失点 11五島沙奈
30:29 北川こぼれ球S←前田S
35:03 高尾←横山←高尾←横山インターセプト
35:42 高尾PP返し フィクソのボールを奪ってドリブルS
37:36 山川ターンS←池内ピヴォ当て←凜花
39:18 失点 12脇田
13:15
112
アルコ
16
2(2-4・0-1)5 浦安
28
4四井③13一井②
1ミレリ18加藤
7月28日(日) 10:15
150
府中
25
4(1-1・3-0)1 流経大
16
17島崎8桜庭14藤田22縄田
10広瀬
15:45
527
北海道
26
2(2-3・0-1)4 サイコロ
24
9安②13小林6木原
8阿部10佐野川
第4節
兵庫県
グリーンアリーナ
9月15日(日) 11:00 府中 北海道
13:15 RUCK アルコ
15:30 浦安 流経大
17:45 ユニアオ サイコロ
第5節
埼玉県
サイデンアリーナ
10月26日(土) 14:00 RUCK 浦安
17:00 アルコ サイコロ
10月27日(日) 11:00 流経大 北海道
14:00 府中 ユニアオ
第6節
愛知県
一宮市総合
11月23日(土) 11:00 RUCK 流経大
13:15 アルコ 北海道
11月24日(日) 12:00 府中 サイコロ
15:00 ユニアオ 浦安
第7節
東京都立川
千葉県浦安
12月21日(土) 11:00 流経大 ユニアオ
13:30 アルコ 府中
12月21日(日) 12:00 RUCK サイコロ
14:30 浦安 北海道


第3節 ユニアオ 2019.7.27(土) 北海きたえーる

RUCKvsユニアオの試合は、RUCKが山本・横山・荒井・高尾・北川、
ユニアオが辻本さん・森本さん・中野さん・加藤さん・石垣さんのスターティングメンバーでキックオフされた。

RUCKはいつもの大学生セットと高校生セット、ユニアオは先発の4人に小林さんと今井さんと鈴木さんを3枚替えするセットと、
若手の後藤沙奈さん・脇田さん・後藤さくらさん・田中さんのセットで試合を運ぶことになった。

ユニアオが若手セットから交替した前半5:18、試合は動いた。
小林さんの後方からの左キックインの浮き球が右サイドの森本さんに渡り、森本さんはナイスコントロールから左の小林さんにリーターンする。
それに襲いかかったのが北川。小林さんのパスを長い足でカットすると中央の高尾にパス。
高尾はワンタッチしてゴレイラな動きを見て、ゴールに豪快にシュート。先制点を奪う。

さらに、前半7:17。今度は高校生セット。池内は左キックインを、右サイドから中央に入ってきた前田にパス。前田はいったん外に出て、素早く中にカットイン。
前の山川が中央から相手をブロックしてシュートコースを開けると、前田はその空いたコースに豪快な左足シュート。ボールがゴールに突き刺さる。2-0、2点差となる。

その後は、得意の前プレと、練習してきたセットプレーでユニアオを攻め立てる。クイックでシュート、3人の連動した動きからシュート。
話し合って工夫を重ねた成果はあった。高尾が裏を狙って荒井にヘディングシュートをさせた場面もあり、盛り上がった。

先発ゴレイラの山本は、終始大きな声で指示を出し、ユニアオのカウンターをナイスセーブ、前半を完封してくれた。
マイクジューでも、的確なコーチーングの声が響き、橋本左内を奉る護国神社の清めの塩のご利益は大であった。

後半は、小林望月の日本リーグデビューとなった。FPも小林に勝利をプレゼントしようと懸命にプレーする。
23:04、池内が相手のパスをセンターライン後方でカットしてドリブル。府中戦の先制点を連想するシーン。自分で撃つか、フォアに走った山川に出すか。
しかし、どっちも違った。池内が選択したのは、花道に入ってきた前田へのパスだった。練習したメッセージ性のあるパス。
池内の「シュートうてー」の思いが、前田にも通じて、ワンタッチした後、地をはう弾丸シュートがサイドネットに決まった。
3-0、決めた前田もさすがだが、池内の戦術眼にあっけにとられた。

そして、24:00、今度は、右サイドで山川がボールを奪取してドリブル突破。前半、左サイドを突破しながらも迷いがありシュートまでいけなかった。
今度は得意の右足でシュート、ゴレイラの股間を豪快に突き破る。駆け寄ってきた小林と抱擁。
2人は平章小学校からの幼馴染、山川を抱っこできるのは173cmの小林しかいない。レアなシーンが見れた4点目であった。

27:42、右サイドを走る坪田へ出した小林のスローが12脇田選手に奪われ、11後藤沙選手にピヴォ当て。
荒井が簡単に振り向かせてしまい数的不利に。12番とワンツー気味につながれ、11番に決められる。ユニアオの若手セットが決めて4-1。

ここで満を持して浅野が登場。高校セットとの交替がうまくいかず、北川がピッチに立ち続けた30:29、前田のシュートをゴレイラが弾いたところを北川が押し込む。5-1。
北川やっと得点。職場のフィトネスがオープンして忙しかった今日のキャプテン北川、安堵の瞬間であった。

そして、残り10分、7番加藤さんをゴレイラにしたユニアオのパワープレーが始まる。
35:03、森本さんのボールを中央で横山がインターセプト、高尾とのワンツー、横山は自分で打つのではなく再び高尾へ、6-1。

練習を重ねてきたパワープレーの守備が底に入った森本さんのナイスな位置どりで、RUCKはボールを奪えず1-2-1から2-2に守り方を変更。
その直後の35:42、高尾がボールを奪ってドリブルシュート。高尾ハットトリック達成。7-1。

さらに、37:36。左コーナーから前田がシュートを放ち、弾いたボールを相手がヘディングでクリア、それを凜花ぎ右サイドで拾うと、中央の池内にパス。
池内はダイレクトで山川にピヴォ当て、右サイドから凜花が中央に走る。これも府中戦のラストシーンと同じ。
「ピサーダーで凜花」と思った瞬間に、山川は右にターン。ゴールを見ずに感覚だけで振り抜いたシュート。これもサイドネット。
山川は今日も右サイドから2発。8-1、駄目押し弾が決まった。

最後はJETAセット。残り42秒でパワープレーに屈して8-2。まだまだ優しい。
平均16.5歳のJETAセット、8月からのクリニックで一皮向けてください。君たちには、明るい未来しかない。






第2節 府中FCプリメイラ 2019.6.30(日) 福井県県営体育館


福井丸岡RUCKの先発は、浅野・横山・高尾・荒井・北川。バンブさんとの強化試合、紅白戦と前プレが効いて絶好調の大学生セットでスタートしました。
ちょっと荒井は緊張気味でしたが、激しいプレスと思い切りのいいドリブルで場内を沸かせました。

次は、凜花・池内・前田・山川の高校生セット。彼女達も落ち着いています。
ガールズとサテライトの応援の声が可愛くて、何回も応援席に目がいきます。ここを率いてくれるのは、小林と藤江。鵜飼のために、ベンチ入りを譲ってくれました。

さあ、1stセットに戻そうと思った4:15。凜花が前プレをかけられて思わずパスミス。
それを相手に奪われてピンチ、しかし、相手の前線へのパスを池内が見事なインターセプト。
池内は、左サイドをドリブルで持ち上がります。右足で2回ボールをなめた後、左足に持ち替えて、ゴレイラの左足の届かないところに技ありシュート。
池内は、大舞台に強い頼もしいRUCKの10番です。

その後、府中さんもさるものです。右に左に強烈なシュートがゴールを襲います。しかし、それを防ぐのがキャプテン浅野。
ゴレイラのファインセーブに歓声が上がります。福井のお客さんは、両チームの良いプレーに反応できるようになってきました。最高の会場の雰囲気です。

6:47、府中さんの猛攻に耐えれず失点。ミスの後、勇気をもって、そのボールを奪いに行けなかった。2回の躊躇で同点にされました。
得点したのは、39番の船附さん。スペインでもプレーしていた日本待望の大型ピヴォです。

試合は進み、11:38。府中のゴールをこじ開けたのは、山川でした。自分で猛烈なプレスに行ってパスミスを誘い、それを前田がカットしてドリブル。
フォア詰で決めました。これで2-1 、勢いに乗ります。
課題のセットプレーの守備も無難にこなします。フィクソの横山姉妹も練習通り、前でカットするし、安心してみることができた前半でした。

ハーフタイムは、ウイングスさんとデフフットサル女子日本代表のイベントを見ていました。
ウイングスさん86名のダンスは、壮観でした。デフ代表の挨拶にも、大きな拍手が巻き起こり、会場の人の優しさが伝わってきたハーフタイムでした。

後半が始まりました。前半は、大学生セットが藤田さんのいるセット、高校生セットが船附さんのいるセットとの対戦でした。
「ちょっと変えてみたい」という意見が、高尾から出ました。
でも、初めは大学生セットで行きたかったので、出場時間を短くして、大学生セットが、2回目のターンで船附さんのセットと当たるようにしました。

23:15、高尾がキーパースローをカットして左サイドをドリブル、ゴール前の純奈にパスを送ります。純奈は、相手ともつれながら、右足で面を作りシュートを決めました。
純奈の日本リーグ初得点は、浅川コーチに教えてもらったゴールネットの上を狙って打つ「アッパーデッキ」でした。お姉ちゃんからのパスというのも意味があります。
この時、前にいた北川は、後ろから走り込んだ純奈のために、止まってスペースを作っています。
あのまま北川も一緒に飛び込んだら、DFが密集してこのゴールは生まれなかったでしょう。北川、高尾姉妹にナイスアシストです。これで3-1、思い描いた通りの筋書きです。

みんなとの約束どおり、2点差がついたので鵜飼が出ました。
手で払うようにシュートをブロックしたり、得意の足を投げ出してシュートを防いだり、鵜飼のファインセーブにベンチは乱舞しました。

でも、この時、府中さんはちょっとやり方を変えてきたのです。
それまでは、早くピヴォに当てて、シュートを狙っていたのですが、3点目が入ってからは、、しっかり幅と深みをとって、RUCKのイプシロンの守備隊系を崩しに来ました。
前に2枚しかいないので、どうしても間延びします。フローターも引き出されてしまったり、上手くいかなかったです。

しかし、鵜飼は無失点。大満足の結果です。残り10分、ここで、浅野に戻そうと思いましたが、もう1人のゴレイラ山本に出てもらいました。
30:16、交代も中途半端になり、なぜか山川が船附さんとマッチアップ。見事なパス回しでピヴォ当てされ、ターンシュートを決められ3-2になりました。

ここは、自分の采配ミスです。しっかりセットが替わってからゴレイラを交替してあげればよかったし、次のセットに状況の説明をしてから交替すればよかった。
間延びしているのだから、「ここは一度ハーフに引いて」とアドバイスしたり、今になると、後悔です。

そして、残り4分。予想通り府中はパワープレーに出てきました。
37:38、大学生セットが出てから2分経過したので、高校生セットに交代しようか、タイムアウトをとろうか、一瞬迷った瞬間でした。

39船附さんが左からのキックインを22縄田さんに戻し、縄田さんは一番後ろの14藤田さんに、左サイドの荒井がちょっとだけサイドに開いたのを見逃さないのが藤田さん。
素晴らしいパスが左奥にいた船附さんに通りました。船附さんは、それをダイレクトでゴールに。浅野、間に合わず、万事休すでした。なんと残り2:22で同点。

2年前の府中戦も2-0からの同点、1ヶ月前のLAZIO戦も3-1からの同点。嫌なムードにならないように、すぐさまタイムアウトをとりました。
まだ2分もあることを伝え、パワープレーは斜めのボールを入れさせないことも言いました。もちろん、楽しもうとも。

タイムアウト後は、高校生セットでスタートしました。府中さんがパワープレーで来るかもしれないという思いもありましたが、最後は大学生セットと決めていました。
なんでかと言うと、ベンチで高尾が、「大丈夫やって、神様は見てるよ」って呟いてたからです。

残り1:30ぐらいになった時、「さあ、池内を残して、3枚交代して」でも、2失点目は交替の失敗。
とりあえず、高尾と北川を出して、山川と凜花を残そうと思った時に、ブザー。府中さんのタイムアウトです。
セット替えにしよう。残りの1:06、絶好調の大学生セットに託すことにしました。
神様が見てるのなら、荒井が荻田コーチと一緒に、いつも左足のシュート練習をしているのを、神様はきっと見ているはずです。

でも、自分の心は「円陣に入ろうか、入らないでおこうか」でぐるぐる回ってました。
鵜飼が真剣勝負の場を最後にするこの日、最後の円陣で、鵜飼のそばに行きたかったのも事実です。でも、自分が円陣に入らない方が、いつもいい結果はついてくるし。

左のキックインから試合はスタート。ここも、パワープレーがくるかなと思ってました。
しかし、パワープレイではなかったです。1回戦総当たりしかないリーグ戦、両チームとも負けは嫌だったはずです。

キックインのボールがゴレイラに戻されました。そして、ゴレイラが蹴ったボールは、ワンバウンドで浅野がキャッチ。
すかさず浅野は、左サイドの荒井に。荒井はダイレクトで北川にピヴォ当て、これがまた絶妙で、右で蹴っていたら、確実にカットされてました。
左で蹴ったので股を通り北川に入りました。右サイドにいた高尾はフェイクを入れながら北川に向かって斜めに走ります。
北川は右にターンすると見せかけて、ピサーダで高尾に。ワンタッチで22縄田さんの前に体を入れると、倒れこみながら右足でゴレイラの股を抜きました。

今までに、何度も何度も見たシーンです。違うのは、1376人の大観衆の皆さんの歓喜の声が聞こえること。
「神様は見てるから」と言った高尾が、映画のようなクライマックスをプレゼントしてくれました。




   
 
 
 
 


開幕戦 エスポラーダ北海道 2019.6.8(土) 茨城県龍ヶ崎キャンパス


2019年シーズンの開幕戦、福井丸岡RUCKは、GK山本、FPを横山、北川、高尾、荒井の大学生セットでスタートしました。
前半4分、北海道の右コーナーキックを8番阿部選手に押し込まれて失点。開幕戦でいきなりのビハインドを負いました。
.

しかし、ここで動じないのが丸岡RUCK。
前半8分、横山の右キックインが左の高尾へ、高尾は縦に入った北川にピヴォ当て、そのまま左サイドを駆け上がり、フォアで待つ荒井にピンポイントのパス。
落ち着きを取り戻す、荒井の同点弾。1-1。

ここで波に乗りたいところでしたが、今年の北海道さんは一味も二味も違いました。しっかりとボールを動かし、攻撃を組み立て、カウンターでゴールを狙います。
ここで、北海道さんに立ちはだかったのが、キャプテン浅野。安定感抜群で、数々のピンチを防いでくれました。

そして、前半17分、北川がエースの貫禄を見せます。左にいた高尾が中央の横山に。
横山はコースを変えて、右サイドの北川へ。北川はスライディングでニアハイにシュート。これは絶対取れないコース。逆転、2-1。

さらに、前半19分。こぼれ球を拾った山川が中央からドリブル。大きく右足でボールをまたぐと、その足のアウトで右に出てシュート。
このプレイは、LAZIOのポルトガル代表タニーニャがよくやっていたプレーです。でかしたぞ、山川。国際親善試合をやってよかったと思わせる瞬間でした。

後半26分、左サイドの高尾から右サイドの荒井に、荒井は右に開いた北川に縦パスを入れます。
北川はそのままダイレクトで右足を一蹴。ワールドクラスのシュートが決まりました。4-1。

その3分後の後半29分、今度は高校生セット。池内が相手ボールを奪ってドリブル、左サイドの山川にパス。山川は角度のないところから右足でシュート。
これもニアに決まる。5-1。

その後、北海道さんも強度の強いディフェンスからカウンターを仕掛け、RUCKゴールに迫りました。
浅野が足でシュートを弾きとばし、ゴールに鍵をかけます。高校2年生になった純奈や坪田もピッチを走り回りチャンスを演出しました。

後半39分、横山からボールを受けた高尾がカットインして、強烈なシュートを決めます。6-1。
38mとピッチが狭く、ゴールのすぐ後ろに壁があり、なかなか本来のプレーができていなかったRUCKのドリブラーが、最後に決めてくれました。
スピードの活かし方は、縦の突破だけではないことを証明できてよかったです。

終わってみれば、6-1。しかし、エスポラーダ北海道さんは、かなりレベルアップしていました。
ボールの支配率や、守備の強度が違います。日本女子フットサルリーグは、今年で3年目。このリーグのおかげで、日本の女子フットサルのレベルは間違いなく高くなりました。









第4回北信越女子フットサルリーグ 2019
Hokushinetsu FUTSAL Official Web Page

20分-7分-20分 プレーイングタイム
  RUCK 白山 アロガ 長岡 ラオフ 塩尻 Rサテ オウン 松本 勝点 得失 順位
福井丸岡RUCK 福井 12.8 11.17 11.10 10.20 ○18-1 ○8-0 ○7-1 〇14-1 12 44 2
ヴィンセドール白山 石川 ●1-7 ●2-13 ●1-4 0 -20 8
アロガール2005 新潟 ○7-1 〇8-1 ○9-1 △1-1 ○5-0 13 26 1
長岡ジョイアス 新潟 ●1-8 ○4-3 3 -6 5
ラオフェン 富山 ○13-2 ○16-2 △4-4 7 25 4
アンテロープ塩尻 長野 ●1-18 ●1-9 ●2-16 ○6-2 3 -35 7
RUCKサテライト 福井 ●0-8 ○4-1 10.27 ●3-4 9.15 11.10 ●0-4 10.20 3 -10 6
オウンゴール 富山 ●1-7 △1-1 △4-4 ○4-0 ○5-1 8 2 3
アロッサ松本 長野 ●1-14   ■0-5   ●2-6   ●1-5 -3 -26  9


■次節■
10月20日(日) 石川県県加賀市スポーツセンター
8月25日 石川県
輪島市サンアリーナ
11:00 オウンゴール 1(0-4・1-3)7 丸岡RUCK 山川②高尾②前田①
凜花①北川①
松本 0棄権5 アロガール  
15:20 白山 1(1-3・0-1)4 RUCKサテライト 福田真②福田悠①
平澤①
9月1日 長野県
信州スカイアリーナ
10:30 塩尻 1(0-5・1-4)9 アロガール
福井県
トリムパークかなづ
14:10 RUCKサテライト 0(0-2・0-6)8 丸岡RUCK 高尾①池内③
北川②北嶋②
 
9月8日 富山県
氷見市ふれあいセンター
10:30 ラオフェン 4(3-2・1-2)4 オウンゴール
12:20 丸岡RUCK 18(6-1・12-0)1 塩尻 北島④高尾③純奈③
北川③前田③荒井②
新潟県
新潟市体育館
12:20 アロガール 8(5-1・3-0)1 長岡




■丸岡RUCK動画・記事■
チカッペ輝け福井のアスリート達
Dream Kana Kitagawa  かがやき基金 RUCK紹介
全日本女子フットサル選手権大会準優勝報道

2013RUCK「自分を超えろ」by FUJISHIRO
「一番大切なモノ 2012 We are RUCK」
「RUCKの力は無限大 わたしたちはできる」
高橋優 「♪福笑い♪」
ROOTS 本田好伸
藤代圭一 ポルトガルで学んだみっつのこと